自分の機嫌。

幸運と商売繁盛は、まったく同じ成り立ちなんだな。

もし。
誰かを見て
あの人の方が幸運だわ‥・
なんて思うとしたら
その誰かさんと自分を比べてみたらいい。
「一年前、誰かさんは何をしていたか?私は何をしていたか?」
「十年前。誰かさんは何をしていたか?私は何をしていたか?」

私は、誰かと比べる事に意味が無いと思っている。
それでも、たった一つだけ意味があると認めるしかない。
それは、自分の現実を直視する方法として。

愚かな自分も「それが自分だから、全て受け入れよう」
現実をゆがめることな<見つめる勇気をもちたいもんだ。 「この自分が進むとしたら何ができるだろうか?」 人は出来る事しか出来ない。 愚直な道を進むしか出来ない自分と ゆっくり歩きながら ただ綺麗な物を、ただ綺麗だなあと思う。 すごい人をみて、ただすごいなあと思う。 自分の現実を受け入れることだ。 そうする「不機嫌」がへる。 不機嫌ほど運からほど遠い物はない。 不機嫌ほど商売繁盛からほど遠い物はない。 無人島で暮らすわけでも商売するわけでもない。 まわりの人との関わり方で運も商売繁盛も作られるのさ。 不機嫌な人とつきあう人はいない。 不機嫌な人のまわりにはよからぬ輩ばかりになる。 誰かにあやしてもらおうって? 自分いったい何歳なのさ。 自分で大地に立つてるんなら自分で歩くんだよ。 さあ。 今日も一歩。 進めば何かにぶつかるから(*∵*) 楽しもう。