販売コミュニュケーション。

人が持っている「できる技術」を
ノウハウ化するお手伝いをたま一にするのですが。

対面販売がめちゃ上手い人たちの共通点は『コミュニケーション』がうまいってことだね。
考えてみたら当たり前で‥・・
嫌いな奴から買い物する人はいないし
自分をわかってくれたって思うからリピートするんだし。
講師さんは宝石売る人なんだけど
コミュニケーションが土合で
そのうえに販売ノウハウがのっかっている。
コミュニケーションが8割。
ここがしづかりすれば販売ノウハウは非常に効果的に響く。

宝石を売っていくのに
お客様とのコミュニケーションの取り方がうまければ「ひとまず買うわ」と決めていただける。
最低価格であろうとも買うと決めていただける。
そのあとに使う販売ノウハウは
最低価格を2倍から5倍に単価アップさせるんだ。
それって・・‥
そもそもコミュニュケーションできる人だからできるんじやない?・・‥つて思うよね?
その講師さんは
コミュニケーションできない人だったんです。対面が苦手で・‥・

販売の仕事始めた時は
現場で誰もが苦手なお客様を
先輩達から都合よく回されて
それに気が付かないがつかなかったお人奸しで・・‥
そんな中で
まずは自分の話を聞いてほしい
という思いから始まったコミュニケーション方法はコミュニケーションが苦手な人でもできます。

これが面白くてね。
初対面の人がガードばりばり入っている状態から
お店の人に対して好意的になってくれる状態にひっぱります。
ここまでが対面販売のコミュニケーション術。
低単価商材を売っている方であれば
ここまでの技術だ|ナでも売れていくよね。
日常のコミュニケーションとは違って
対面販売コミュニケーションは
ある一定の舞台設定だからだから
苦手な人でもセオリーにそって進めぱ一定の効果が出るのが救いです。

ここからさらに単価アップさせていくテクニックがあるのですがノウハウ化しながら思うに・・・・
この対面販売コミュニケーション技術だけでもすごいなと。
誰でも出来るように具体的ノウハウ化に向けてこれから数回頭紋っていきます。