電話からご来店へ

商売屋の電話の受け答えって知ってるかい?
これを知っていると知らないとでは売上変わっちゃうんだよ。

お客様はいろんな質問をしてくるわけだ。
1:そのことに簡素に答えること。
2:そのあとに必ず「どうかされましたか?」と聞くこと

こんな感じ。
「今日はお店やってるかね?」
「今日は定休日なのですが、どうかされましたか?」

「老眼鏡はいくらから出来る?」
「16,800円からですけど、どうかされましたか?」

人は質問という形で言葉を作る。
その後ろには言葉にならない行動や思いが山ほどある。
その部分をくみ取ってあげることで
お客様の本当に聞きたかったことや勘違いがわかる。

本心や勘違いが分かれば
「ああ!だったら一度ご来店下さい」と繋いでいける。
売上を上げて行くには目の前にお客様を出現させることだ。

電話は「だったらおいで^^」と伝えるためにある。
(業種によっては、だったら伺いますにもなる)
お客様側からのコンタクトは意味がある。
その本当の意味。
あきらめないで探る事。

小さな事からコツコツと。
いい標語だなあ(笑)