チラシの役割。

なんだ?

ぶわーーーーつと新規が押し寄せないとダメなの?

安売り広告の栄光を取り戻したいと?
そして。栄光の後の真っ暗闇をもう一度体験したいのか?

チラシ集客のご相談。
安売りチラシの弊害かな?と思ったら
反応する人の数が当たりだと思っておられた
その勘違いを数字を使って説明することから始める。

安売りチラシの口車に乗って
半年も続けられ、その後大変な状況に陥ってしまって‥・
常連客はいなくなる、リピートは‥・なんとゼロ‥‥
スタッフの心はすさみ、店頭では罵声が飛び交う‥‥

私のお店はどうなってしまったんでしょう‥・
そう言われる口調は心に痛い‥・

いつだって少ない物が希少価値が高いとしたら
人口が減り続けているのだから
お客様の希少価値が上がり続けているんだよ。

広告でかかった経費を反応数で割ったら
「お客様一人の価格」がでるわけ。
お客様一人をいくらで買うかのほうが重要。
反応した数だけみたって意味が無い。

一回だけの客を対象にするなら
超高額品じゃないとね。
(それすらも紹介もらおうとやっきになっている時代だけど)

広告の反応は多面的にみないと‥・

さて。
立て直しは肚をくくってもらいます。