自店の表現の仕方。

最初のご相談は
「当店が一番安いと伝えたい」でした。

見せて頂いた今までの広告チラシ等は
いかにライバル店が高いか、その理由‥・
が乗っていました。

言葉は「だから当店が一番安い」ですが
お客様に伝わったことは何でしょうか?

この方は真摯な紳士で非常に礼儀正しい方です。
一途な思いをお持ちで何事にも熱心な方です。
憎めないキャラクターで礼節を重んじておられます。

そんな方が
一番大切にしていることは
「お客様のために」なのです。
ところが、その広告チラシからは
これが伝わってこない。

なんだか‥・
意地悪で拗ねてて
このお店に行ったら息がつまりそう。
読んでいるだけで自分が責められているように感じる。

使っている言葉は「当店が一番安い」なのに
伝わってしまうことは「自分を棚に上げて避難する空気」でした。
この店で買い物すると‥‥
確かに安いかもしれないけれど
心地悪いだろうなあ‥・と感じてしまう。

損ってこういうことだな。

そこで‥‥
この方にして頂いたことは
1:商品仕入れ基準を伝える
2:その商品を仕入れるための努力と行動を伝える
3:ここに重きをおくにいたった原因を伝える
4:私から買い物して頂いたお客様との交流を伝える
この4つだけを紙面で伝える取り組みでした。

結果は‥・
安売りではなく良品安価が伝わり
品の良いお客様が反応して下さり
売上につながりました。

ここ十年くらい重役会議での報告がつらかったのに
この半年の取り組みで今年は胸を張って報告できた。

と嬉しそうに報告して下さいました。

店はお客様を想定することはできるけれど

お店はお客様に選んでいただく事しかできないのだもの。

私のお店は
どんなお客様に選んで頂きたいのか。
そのお客様は何に共感して下さるだろう。

考えなくてはいけないこと。