刈り取る。

いままで刈られていなかった名簿を
ざっくり乱暴に刈ったら‥・
そりゃ刈れるさ。
そして枯れるさ。

きまってるじゃん‥‥
コレで商売止めます‥‥ってんなら刈ってくれ。
だけど商売続けたいのに
旨い話だとのってしまって刈りとって
先代から育てていた大切な名簿がズタボロになってから
旨い話の先に見捨てられ
どうしましょう‥‥と相談に来られる方。

さみしいよな。
売れた原因を読めないと怖いって話です。
手法は単に引き金にすぎない。
下手に売り上げだけ求めると
じんわり沁みてた出血がモリモリぴゅーつて状態になること多し。

なんかな。
時々むなしくなるけれど
切って捨てるには心痛すぎる。

「真実を知りたいですか?その勇気はありますか?」
ここから始める面談‥‥
ご自分の姿見えてますか?
ドクドクですよ?
そこに‥・え?有料の血つぎ込んでるの?

そして、小さな小さな階段の一段目を
泥の中から掘り出す作業を始めるのだ。

覚悟OK?