お客様もお店を愛しているんだなあ

一旦帰還の朝。
20日ぶりに現場ヘルプから始まったお仕事は‥・
なまってる身体に効きました(笑)

Fさん大変お世話になりました。
お客様素直な方ばかりで素敵な時間を過ごさせて頂きました。

そんなFさん。
一歩ずつ進まれている強さがあります。

年末に仕掛けた福袋が好調でした。
2年前に1万円の福袋をこわごわ作っていて…

その時に「2万円作ってみようよ」という提案に
2個作って1個うれて。
次の年に2個作って予約売り切れで追加して6個作った。
今シーズンは6個作って予約売り切れで追加して12個作った。

そして。最低価格を五千円に値上げ。
予約販売で売り切れてしまう。

Fさんのお店で時間を過ごして分かったこと。
Fさんは商品を愛している。
お客様が何を欲しいか好きかも把握している。

イベントに参加されたお客様が帰り際に
「今日のイベントは優しい感じがこの店にぴったりやね。
いい企画されはったねー。また待っているわ」
とおっしゃった。

お客様もお店を愛しているんだなあ。

帰りの移動電車で全く別の仕事で提案を聞いた。
売り方のシュミレーションがすごい資料を見たんだけど‥‥

これってさ‥‥夏休み前の計画表みたい…って思った。
テスト前に単語カード作って満足している‥‥みたいな。

どこにも格がない。
商品に愛がない。
商材を決めた理由が透けてみえていやらしい。
人の欲望を煽る部分がはきそう。

こんな理由で動いたら。ソコが好きって人しか集まってこない。
いじめて欲しいのか?
いじめていじめられて。ほらやっぱりね、つていいたいのか?

この手で幸せになって続いている人を知らない。

自分。どうやっても少数派らしいノ。