なぜ買う?

ライバル店が350円で売っているから‥‥
そんな理由だけで300円で売っておられたある商品。
(ちなみに当店では1260円です‥‥・)

安くしたって
買われる人種は超限られており
安くする意味が私には分らない。

一円でも安売りを求められる方は
自店のお客様ではないんだよなあ。
そして。
ライバル店があると言う事は
こうした付き合いたくないお客様を
引き受けてくださる店があるってことで。。。
これは助かる。
そうじゃないと自店で面倒見なくてはいけないから。

さて。
前出の350円商品は
山田の一喝で840円になっていたのだが‥‥
先日「40円さげました」つてえ???
その40円ってなんなのさ?

しかもお店が勝手に何も言われていないのに値下げ。
ワタクシ、ぷちつ!!つとキレまして(笑)
「その40円。利益に戻すのにどれだけ大変か計算してみて!」
つてことで珍しく座学。

すると‥‥
840円で売るのに抵抗があったのに
終わるころには「1万円」で買ってもらうプランが出来ていました。
しかも他の悩みもいっしょに解決。

すぐにメニュー表を作り直し
パンフレットも作り直し
接客シートもたったと作り直し。

お客様の資質を選んで
お付き合いしたいお客様に反応してもらえる
(つまり喜んでもらえる)
そんなプランになった。

稼働始めて
みんなが心配しした「高いから買わない」
なんて断る人は出ていない。

高いから買わないんじゃなくて
欲しくないから買わないの。