経費。

「経費はいくらまで使ったらいいですか?
売上あげて経費節約がいちばんですよね?
だからイベントは経費がかかるからやらないほうがいいですよね?」

あううう‥‥
いちぱん痛い質問かもしれない。
良かれと信じてやるから特に痛いのかなあ。

経費は悪ぢゃねすよ。
無駄使いはいかんが
使わないと知ってもらうことができない。

知ってもらう経費。
集客のための経費だけどさ
安けりゃいいってもんぢゃない。
だってさ、お客様の値段はこれから一層上がるから。

少ないものが高い。
人口が一番少ないし、減り続ける。
お客様がいちばん高い。

お客様は買うものだから。
その費用を集客経費っていうんだな。

さて。
新規客は高いもの。
だからリピートしてもらうんだよね。
既存客は新規客より安いから。
しかもね。ぐっとお安くなる。

ただーし。
既存客だって経費使わないと維持できませんわな。

お客様に関係する経費は削ったら
お客様がいなくなります。
経費は削るものではなく
吟味して使うものです。

いくら使うのが正解かって?
正解はお店の数だけあります。同じ条件のお店なんて一つもない。

いつも言うけれど
店が違うということはお客が違うということだから。

イベントをすると経費がかかるからできません?
そりゃ何もできないわね。
とうぜんお客も来なければ
売上もないもんな。

経費の正しい使い方を覚えると‥。
ほしい利益がわかる。
そうしたら商材粗利を考えたら
売上目標が明確になる。
さいごに集客人数と平均単価目標がでる。

この順番でイベントの数字は考えていくんだよ。
まちがっても前年比から売上目標立てないことね。
意味がない。根性物語ぢゃないんだから。

根性は大切だけど
間違った目標に使うもんぢゃねす。

でね。
他店の平均は意味がないって事だ(笑)