店舗はお客様のもの

昨日はお店のショーケースが到着。
2つ作ったのですが1個破損して到着…

とりあえず1個設置して熊谷と二人
「おー。いいじゃないの」と満足。
まだこれから照明の造作していくんだけどね。

今日から店舗一部改装に向けて
細かい打ち合わせが始まります。
あちこち手を加えます。

この立地で頑張る意味ってなんだろう?
数年に一回何百万使う意味ってなんだろう?
数字だけを見たら意味が見えてこない。
その金額を貯めておいたら良いのでは?とか
それで広告するとか仕入れしろとか某コンサルの声が聞こえる(苦笑)
それで移転したほうが事業的には有利だとも考える。

さまざまひっくるめ
悩みに悩み…今回も店舗にお金を掛ける。
言葉ではなく商品でもないけれど
店舗はあり方を伝えるパーツだから。

店舗はお客様のもの。

あり続ける事がこの過疎地で暮らす人に
ほんの少しでも意味があると思うから。

昨日寄って下さったお客様
年末に買ってくださったお財布を嬉しそうに見せて下さった。
「ほらほら。これイイ奴やろ~」って(笑)