ノウハウ教材


「何」を「どう」伝えるか。の「何」
自分の強みを見つける12のワーク

チラシを書くときに、商品と値段だけでは客に選ばれるのは難しくなりました。じゃあ何を書けばいいの? それは「自店の強み」です。多くの人が分かっていますね。でも、具体的な自店の強みは何か?と改めて問うと・・・なかなか見つからない・・・。そんな人にお勧めの「自店の強みを見つける12のワーク」をご紹介しています。12のテーマコラムに添って答えていくと、自店・自分の商品がライバル品より選ばれる理由を見つけることができます。自店の立ち位置(ポジショニング)がわからない、再発見したい方に喜ばれています。
(注:本文中のFAXシートに「山田から返信が届きます」とありますが、返信キャンペーンは終了しており、現在は返信致しかねますのでご了承のうえお申込み下さい)

全37ページ
5,000円(税別、送料別)

目次
1.お客様から「ありがとう」と言われる事を拾い上げよう(仕事編)
2.お客様から「ありがとう」と言われる事を拾い上げよう(日常編)
3.お客様が「へぇ~」「そうなの?」と反応する事を見つけよう。
4.他己紹介をしてもらおう。
5.ライバル店、大型店の広告にケチがつけられるか。
6.売れる商品説明を見つける質問集 一つの商品を、作り手+売り手+買い手とわけて考える。
7.3つの現場をつなぐ4つの仕事(小売店の仕事は4つある)キーワードは「生立ち」
8.「安全・信用」と「安心・信頼」のちがい。
9.「嫉妬」って大切な物を教えてくれる。 自分の嫉妬心を受け止めてみよう。
10.主役を間違えてはいけない。
11.今すぐ悩みを解決したいのか?比較検討してからでも間に合うのか?
12.「誰」に「何」を「どう」つたえるか。

 


「何」を「どう」伝えるか。の「どう」
広告やチラシPOPなどに使える、表現方法の時・場所・大きさ・並べ方を知る。
「表現方法の12のコツ」

広告やチラシPOPなどに使える「表現方法の12のコツ」をまとめました。
伝える行為は「伝えたい内容+表現方法」で成り立っています。この教材には「表現方法のコツ12個」が入っています。お客に必要なことを伝えているはずなのに購入につながらないとしたら、その時・場所・大きさ・並べ方が間違っているのかもしれません。

全16ページ
2,000円(税別、送料別)

目次
1.文章のリズムは、自分の呼吸のリズムと同じ。
2.「ありえない位に」大きく書く。
3.お客様の「でも・・・」を打ち消してあげる。
4.シンプルなHPから始める。
5.広告の内容と同じくらい大切な事。
6.「顔POP」のおすすめ。
7.メタファー(隠喩)という表現方法を覚えよう。
8.何をもって「安全安心」というのか?
9.誰のための商品・サービスなの?
10.チラシやPOPには、シンプルな目的を一つ持たせる。
11.7つの「買ってもらう」を目指す。
12.「媒体」ありき。

 


「儲かる店はコレをやっている」シリーズ 上巻・下巻

「小手先テクニックの最大効果は、商売を鳥のように遠くまで見通す俯瞰力が支える」
山田文美の商売テクニックコラム集です。

商売とはシステマチックです。偶然の関与度は低く、予め予測して動くことが大切になりますね。客、販売個数、販売価格、粗利額、リピート回数、経費、など「数」で表せるものの掛け算が商売かもしれません。この「数」を、どう予測して計測して操っていくか。この方法をコラム形式で伝えています。商売の本質を見失わずに、商売の波にのまれないように、操っていくためのコツを38本にわけました。私が商売を立て直す時に使った手法です。そして、この手法を全国50業種以上の店舗で実践してもらっています。ピンポイントの小手先テクニックから、商売基幹となる本質まで、いつも講演でお話させていただき反応高い逸話でもあります。「こんな風に商売をみたことがなかった」とか「当たり前すぎて忘れてしまって置き去りにしていた」とか「もっと早くに知りたかった」とか「耳が痛かった」などの感想を頂いています。
商売するなら避けて通るわけにはいかない現実を見据えましょう。山田文美のブログ・FB・コラムに共感いただける方には、分かりやすい内容だと思います。自店に置換えながら読んでほしい。

上下巻セット
6,000円(税別、送料別)

<上巻>
全91ページ
目次
1. 当たり前は強い。シンプルな仕組みの法則。
「3つの仕事と6つの対策」
「集客サイクルと、儲けサイクル」
2.「誰に何をどう売るか」は、お店が海で遭難しない為の海図です。
「誰に何をどう売るか」
「商売の軸は2つある」
「今のやり方が今の売上げを作る」
「当たり前のことを当たり前に」
3. 接客販売で「お客様を作る」10のポイント。
「お客様を作る力」①
「お客様を作る力」②
「何を伝えるのかは当たり前。何を感じてもらうのかを明確化する。」
「言葉を聞かない重要性」
「人を見る技術」
4.「あなたの店で買いたい」と新規客がやって来る為に伝えたい事。
「お客様が知りたい本当の事」
「共感を使う」
「お客様は選ぶ基準が欲しいだけ」
「商品A×出来事=出来事×商品B」
物のまわりに事がある
5. 売れる販売員のアナログ顧客管理術。
「新しい時代の名簿管理」
「やっぱり、アナログ顧客管理」
「アナログ顧客管理」①
「アナログ顧客管理」②

<下巻>
全92ページ
目次
6. 商売には決算書よりも大切な「現場数字」がある。
「数字」
「経費は一番強力な武器」
「安い理由と、高い理由」
「商売は、どっちが儲かるか?の比較」
7. チラシを考える前とチラシを出した後に儲かる店がやっている事。
「お客様は売れる答えを持っている」
「技術を語れ」
「商品特性とターゲット選定と媒体」
8.「商売の行方」を現場で感じ取ると時代の流れに乗れる。
「変化した時代」
「消費者はお店をメーカーを信用しない」
「いい人になっている場合じゃない」
商売的「アリとキリギリス」
9. 儲かる店主はナナメ上から考える。
「自分の資質を知る」
「経験を簡単になんて言えやしない」
「物にとらわれると毒をくらってしまう」
10.「商売の言葉」惑わされると踊らされる。
「セオリー・ノウハウ・メソッド」
「委任・委託・請負」
「経費のかけ方と、距離の関係性」

 


販促の階段「自店商売の仕組み再構築」

お客には「気が付いたら買っちゃってた」という自動ベルトコンベアーに乗ってもらう、これが「仕組化された商売」です。一回限りの力技で売る方法は目立ちますが、なんども力技をひねり出すのは大変です。こっそり安定して儲かっている店舗は力技なんか使っていません。すくない力で、当たり前の簡単な事だけを組み合わせて、最大の儲けを自動的に作っています。
斜陽産業といわれる業種で、店主たった一人でも、この方法で最初の一年間に売上2倍、粗利3倍になった店もあります。(その後も順調に伸びています)まずは、基本概念から学んでみましょう。自店に足りないことを見つけてやる。ここからスタートです。

全25ページ
2,000円(税別、送料別)

目次
販促の階段 1 「販促の階段」基本概念
販促の階段 2 NLやチラシのデザインを変えたいときに気をつけること
販促の階段 3 入口とゴールを伝えると売れていく
販促の階段 4 テレビショッピングからセールスの流れが学べる
販促の階段 5 リアル店舗におけるホームページの役割
販促の階段 6 商品カテゴリー3つの考え方を知る売り方を間違えない
販促の階段 7 自店客のプロファイリングができると販売方法が明確になる
販促の階段 8 「何でも出来る」よりも強いこと
販促の階段 9 平凡でも特徴がなくても売れる
販促の階段 10 名簿は商売の命綱
販促の階段 11 集客が楽になるヒント
販促の階段 12 うっかりお金を払う側にならないために
販促の階段 13 売るよりも大切な販売員の仕事

 


販促の階段「客と店のすれ違いをなくす13のワーク」

お店は商品サービスを売りたい。でも、お客は売り込まれたくないのですよね。自分個人の買い物に置換えたら分かります。こうした、客と店のすれ違いを放置したままでは、客が見つからなくなります。
このワーク教材は
①「自店の客がどこにいるか?」
②「その客が何を喜んで買ってくれるか」
③「目の前の客から売上を作り出すためのキーワードを見つける」
方法を教えています。
客と店のすれ違いをなくしたい人はぜひお読みいただき、ワークにも取り組んでみて下さい。
(注:本文中のFAXシートに「書いたらFAX」とありますが、このFAXシートは現在受付を終了しております。お送りいただいても返信致しかねますのでご了承のうえお申込み下さい)

全40ページ
5,000円(税別、送料別)

目次
1.事例1【 対象顧客を絞り込む ハガキ 】
2.「お客様を絞り込む3つのステップ」顧客の絞り込み方
3.「お客様は誰?」を、さらに絞り込もう。
4.「何を売るか?」を、さらに絞り込もう。
5.お客様に伝えるべき3つの事を書き出してみよう。
6.お客様の「満足した瞬間」を見つけてみよう。
7.お客様がよく口にされる「口癖」を見つけよう。
8.自店に「特徴的な部門」を立ててみよう。
9.看板、店前看板、入り口前POP。違いを理解しよう。
10.第三の言葉を見つける。
11.あなたのお店の「買い物ルート」を細かく考えてみよう。
12.3つの商品構成
13.現場の強みを理解して活かしていこう。

 


シナリオ接触型プログラム
「知らないままだったらと思うと恐ろしいです」
思考と実践をくり返す「売れる仕組み」12のコツ
シナリオ接触型プログラム1~12

「しらない人についていっちゃいけません」と子供の頃に教えられませんでしたか? 知らない人は危ないのです。商売も同じです。知らない人からいきなり物は買わないのです。買って失敗しても痛くない安価な商品であれば、その心配はないでしょうが、購入する時に下調べや比較検討する商材であれば、まずは「この人から買っても安全」だと知ってもらう必要がありますね。映画にシナリオがあるように、商売にはお客とのかかわりにシナリオが必要なのです。行き当たりばったりで商売できる時代はとっくの昔に終わっています。商売で生き残るには、一回限りのばくちではなく、毎回小さな儲けを積み重ねるほうが強いのです。
ご自分の商売に必要なシナリオを作りましょう。実際に「シナリオ接触型プログラム」を使って速攻売上アップした店舗の実例を使って説明した教材です。
定価販売で3割引きライバル店に買っている店、売上2倍・粗利2.5倍で残業なくなり休日が増えた店、取扱い商材販売数が県一番になりメーカーで販売講師を頼まれるようになった店、9坪スタッフ二人の店舗で三日イベント販売額が一千万を続ける店、去年までは3百万売り上げがやっとだったイベントが簡単に7百万超えてしまう店など、実践報告を沢山いただいている手法です。外側から見ると、商材やオファーが決め手だと勘違いされますが、儲かっている店が見えないところで何をやっているか?を知ることから始めましょう。

全61ページ
8,000円(税別、送料別)

目次
1. シナリオ接触型プログラムの基本構造 簡単ゆえに奥が深い
2. シナリオ接触型プログラムに欠かせないもの「プロフィール」
3.小さなお願いから始めると、最終成約率があがる。
4. チラシの反応率をどう読むか。
5.ブランドになる方法。
6. 注目度が上がると売上げは増える。注目度の上げ方。
7.イベント成功のコツは「お客様に何が起こるかを教えておく」こと。
8. 自店の「お客様が登る階段」を設計してみる。
9.お買上時に、次に買う物を「予告」しておく。
10.イベントでの「お客様の流れ」を作ってみる。
11.7回接触シナリオプログラム
12.やらないと売上げゼロ。やったからこそ売上げは出来る。

 


 ~接客のコミュニケーション上手になるために~
接客は、観察。そのノウハウ①~⑧

もし、行き当りばったりで接客しているとしたら、ぜひとも「接客販売7ステップ」を試していただきたい。接客にとって経験値は大切ですが、それではいつまでも上手になりません。経験以前に大切なことを知ってください。購入にスムーズにつながる接客には共通する順番・目的・言葉などにはルールがあるのです。接客しながら販売するお仕事で、スムーズに購入へとつながるルールを知りたい方はぜひお読みください。この「接客販売7ステップは」特に、高額商材・試食などお試しが難しい商材・下見が当たり前の商材でバツグンに役立ちます。

全48ページ
5,000円(税別、送料別)

目次
1. お客様と心の絆を結ぶ。古いセールストークではもう売れない
2. 接客販売で売上の上がる流れ。
3.接客販売7ステップ。
4. 自分を好きになると接客販売は上手くなる。
5.「受け質問」には愛がある。 付加価値の付け方
6.14の感情欲求で始まる買い物。
7. 接客初期段階でのタブー。
8. 接客コミュニケーションのコツは3ステップ。

 


コンサルタント一年目の方へ
コンサルタント一年目の副読本〜「添削指導実例」資料集

コンサルタントになりたいんです!小さな店舗向けにやっていきたいんですが方法を教えてください。」そうご相談をいただくことが増えてきました。10年前に私が直面していた悩みを思いだし、こんな相談をいただけることに驚きを覚えています。

100,000円(税別、送料別)

チラシ・セールスレターのビフォーアフター 添削事例集1

全53ページ

目次
添削
LESSON1 伝える 
LESSON2 歯車設計図 
LESSON3 自分らしさがブランドになる。
LESSON4 やってみようNLチラシ 
LESSON5 やってみようNLチラシ『反応率を上げたい』編 
LESSON6 自分の想いを伝え続ける。
LESSON7 自店の世界を伝えると・・・ 
LESSON8 NLチラシで自店紹介してみる。 
LESSON9 商品・技術ではなく、お客様を見る。

 

チラシ・セールスレターのビフォーアフター 添削事例集2

全109ページ

目次
すぐつかえる作文教室
そのいち 
ファミリー衣料店 
薬屋さん 
そのに 
ギフト屋さん 
薬屋さん 
そのさん 
化粧品店 
ゲルマニウム温浴 
下水道工事 
そのよん 
お茶屋さん 
ハンドクリーム 
そのご 
お茶屋さん①急須のSL 
お茶屋さん②コーヒーカップのSL 
そのろく 
ホームページ作成

 

チラシ・セールスレターのビフォーアフター 添削事例集3

全347ページ

目次
大人の作文教室(商売人編)
添削事例集 その1 トイレリフォーム 
添削事例集 その2 
① 薬局 
② 理容室 
添削事例集 その3 
① 理容室での、いつものメニューに季節のトッピングをすすめる 
② 新聞店での、配達員募集 
③ 薬局での、手作り水虫薬 
添削事例集 その4 
① ファミリー衣料店のNLチラシへの挑戦 
② 化粧品のSL(同じ商品を売って3年目) 
添削事例集 その5 
① 酒小売店のSLチラシに初挑戦 
② ファミリー衣料店のNLチラシ 
添削事例集 その6 
① 薬局さん、はじめてのNLチラシに挑戦 
② 理容店のSL 
添削事例集 その7 
①「お客様の声」から見えてくること 
② 新聞店さんのNL 
③ 薬局さんの2回目のNLチラシ 
添削事例集 その8 
① ファミリー衣料店のNLチラシ 
② ファミリー衣料店のSLチラシ(羽毛ふとん) 
添削事例集 その9 
① コンビニエンスストアのNLチラシ 
② ファミリー衣料店のNLチラシ 
添削事例集 その10 畳屋さんが、「いぐさ」商品を売っていく 
添削事例集 その11 
① クリーニング屋さんが、ワイシャツ割引券を売る 
② 酒小売店さんが、新商品の予約を取りたい 
添削事例集 その12 
① お薬屋さんの花粉症ターゲットチラシ 
② 高額治療器をSLで売ってみる

 

チラシ・セールスレターのビフォーアフター 添削事例集4

全207ページ

目次
商売人の作文道
添削実例集1 
実例①「シワとり化粧品の新商品を売ってみる」薬局
実例②「ブライダルリングの広告のキャッチコピー」宝石販売店 
添削実例集2 
実例① 井戸ボーリング工事の新しいチラシを作る
実例② 去年のチラシを一部分だけ変える 
実例③ よく売れている商品でNL型チラシを作る 
添削実例集3 
実例① 豆腐の強みを見つけてSLにする 
実例② 上手く売れたケースを報告してもらう 
実例③ 去年のチラシを手直しして使う 
添削実例集4 
事例① メガネのSL 
事例② パールネックレスのSL 
添削実例集5 
事例① 美容室でヘッドスパメニューを売る。
それに関連したヘアケア商品をSLで売る。 
添削実例集6 
事例① スプレーオイルのSL 
事例② タイヤのNLチラシ
添削実例集7
事例① イベント会場で、自店ブースへの来店客をふやすチラシ
事例② 合同イベントで、客の流れを設計してみる 
事例③ 顔POPを作ってみる、コンセプト変更してみる 
添削実例集8
事例① トイレリフォームのSL
事例② 中古屋さんのチラシ 
事例③ 時計屋さんのチラシ、店内のある物を見物に来る人が続出 
添削実例集9 
実例① 薬局:1万円美容液のリピート率と客単価をDMで上げる
実例② 自動車販売修理店:タイヤを売るためのアンカリンググッズ 
実例③ 新しい商品「車庫」を売りたい。ポスティングチラシ 
添削実例集10
実例① チラシ文章の組み立て方
実例② 悪い子作文で使ってチラシを組み立てる
添削実例集11
事例:草刈り機のチラシ第2弾 
添削実例集12
事例:美容室の休眠客向けA4ハガキ

 

 紙上コンサルティング ①~⑰

全100ページ

目次
① 実例1:井戸ボーリング業 広島県 Yさん 
② 実例2:布団小売店 岐阜県 Aさん 
③ 実例3:ファミリー衣料 新潟県 Kさん 
④ 実例4:宝石・時計・メガネ・補聴器販売 長野県 Nさん 
⑤ 実例5:宝石小売店 群馬県 Hさん
⑥ 実例6:電気工事業 長崎県 Qさん
⑦ 実例7:ミニスーパー 長崎県 Iさん 
⑧ 実例8:呉服・ブティック 福井県 Yさん 
⑨ 実例9:靴屋 岐阜県 Mさん 
⑩ 実例10:スポーツショップ 岐阜県 Hさん 
⑪ 実例11:実用衣料・学生衣料小売店 佐賀県 Kさん
⑫ 実例12:ピアノ調律 福井県 Eさん
⑬ 実例13:カーテン販売・雑貨店 富山県 Kさん 
⑭ 実例14:美容エステ 愛知県 Oさん
⑮ 実例15:カーテン販売業卸部門 新潟県 Iさん 
⑯ 実例16:美容室 香川県 Bさん
⑰ 実例17:美容室 愛知県 Kさん

 

 


今時の眼鏡店成功事例セミナー
〝ごえんつなぎ〟で繁盛店をつくろう!

眼鏡店経営の視点と、全国様々な専門店のコンサルと相談を受けている視点をからめたノウハウセミナーDVD教材です。事例で説明しています。きれい事はありません。魔法もありません。ただただ事実と、それらを産み出した思考をお伝えします。

 

 


〈時計店向け〉技術者がいなくても大丈夫
修理部門強化で粗利5倍セミナー

高い物を買ったら高い修理代が当たり前・・・だったのは遥か昔の話です。業界側は、物を物としか見ていません。
お客様は、物に心が思い出が宿ると訴えているのです。価格ではなく思いに価値を感じる人が増えているのです。あなたのお店の新しい柱となる秘密をお伝えします。