焦った。

今朝 らぶが突然 窓の近くで何かを探し始めた。
「何しとるの やめな」というか言わないかに飛び退いた。
見ると蜂がいる。

鼻を舐め舐めしながら一番遠くで逃げながらこっちをうかがうらぶ。
まずい!
と思い 抱き上げ顔を見るがとりあえず何もない。
が ふが~~ふが~~~ふが~~と息使いが変。
ここで人間なら脈を診るのだが・・・
そうか心臓の音がろっ骨の所で感じたはず。
と思い出し 触ってみる。
特に変わっていない。

ふがふが言いながらウトウト始める。

??? まずいか???
と思い下に降ろしてみるとしっぽを下げてフラフラしている。
今日は動物病院に行く暇があるのか?
無くても行かないとまずいか?
なんて思いながら
また抱き上げ
ネットで調べてみると
蜂に刺された犬・猫の顔がいっぱい上がって来る。
犬は鼻でクンクンして鼻が黒いので鼻を刺されやすいらしい。

ここまで時間にして10分くらい。
腫れてくるならもう腫れてもいいのに
何の変化もない顔。
どこを触っても痛がらない。

もう一度降ろしてみると
しっぽも上がって普通になって来た。

長々と書いたが
初めてらぶが蜂に刺されたかも知れないと焦った熊谷。
多分 蜂が鼻の頭に止まってパニックになったらぶ。
という事の様だ。

朝から焦った熊谷でした。
日本犬なら蜂に刺されたくらいは自分で舐めて治すのだろうが
トイプードルにどれだけの体力があるのかがまるで分らない。
やれやれです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です